米国からのメール

本日早朝、メールが飛び込んできた。
全文英文なので、スパム・メールだと思い、即座に削除。
しかし、捨ててから考えたのですが、自分のメアドにはこの数年スパムは来ていないし、ちらりと眺めた文章には、スパム特有の単語は見当たらなかったように思う。
本当にスパムなのかと、もう一度、削除済みボックスから取り出し読んでみた。

差出人はJoeさんというひと。
初めてのメールにしては意外にフランクな書き出しで始めている。

とはいえ、英語は5歳まで父親の都合で米国に在住していたとき以来使っていないし、もうすでに忘れてしまっている。
本棚から英和辞典を引っ張り出して、おぼつかないが翻訳を。

ハイ。G。
驚いていると思う、突然、君の知らない人からのメールで。
警戒しないでほしい。これはスパムではない。
お願いしたいことがある。君に。
了解をもらいたい、こころよく。
私は望んでいる。君に米国に来てほしいと。
米国は君を必要としている。
君の幼なじみの上院議員から聞いた。君の素晴らしい力を。
その力を、貸してほしい、米国に。
実はなってほしいのだ、Obamaの補佐役に。
力になって欲しい。
Obamaにはすでに話してある。
君からの早いコンタクトを待っている。

Joe Biden

はて、ボクの能力の素晴らしいところは自他ともに認めるところだが、まさか米国にも知れ渡っているとは。

早速ボクは返信のメールをしたため、Joeあてに打った。
もちろん、返事はOKだ。
つい昨日、別な団体の任期も終わった。
行かねばなるまい。
待ってろよ、オバマ。

※もちろん今日はエイプリル・フールであります。

ほらふきジャスパー

ジャスパー・ギンズバーグは、ほらふきジャスパー。
ほらふきジャスパーが荒馬を乗りこなすのに
3日3晩かけてのトレーニング

ほれあそこにおるだろう。あの男。
へん、なんて格好だ。
あの乗馬服を身にまとい、小ぶりの頭にやたらでかいハットを乗せているやつさ。
あいつの名はジャスパー・ギンズバーグ。
みんな陰ではほらふきジャスパーで通っておる。

Continue reading