ヌードル臭

お昼ごはんはカップヌードルでっせ。出かけたついでに買おてきてしまいましがな。お湯入れて煙草1本吸ってる間にできよりました。そういえば、昨日録画しといたビデオ、なんちゅうたかいな、クライシス・オブ・アメリカ、面白おましたぜ。デンゼルのワシントンさん主演の映画でおます。そんなかでデンゼルさん、カップヌードル食べとりました。かなり重要なキーで←ほんまでっかいな。まあそれはおいといて、オフィスの中がカップヌードルの匂いでじゅうまんしとりますがな。堪忍でっせ。

完了せず

午前中のミッション終わりましたぜ。思惑ちゅうのは難しいもんで目に見えませんからね。これが見えるようになったらすごいでせうね。思惑見え眼鏡高く売れますよ。さて、午後からはじうような任務がふたつ。こーれがまた大変なんすよ。でも、片付けナイト前進みませんからね。あ、そうか、前進んでる気がしないのは、もうひとつ懸案のおっきな決断が必要なのでした。昼飯前に思い出したく無かったわいな。

金曜

ん~、今日は朝からちと暗うございます。出張帰りの報告聞きましてね。あんまりいい情報じゃござんせん。こちとらな~んか晴れ晴れしない金曜日の朝でございますが、皆様いかがお過ごしでございましょうかっと。よし、午前中に一件、お約束を果たしに参りまするぞ。いざいざ~

ローラ

あらら、こっちに書き込むはずがあちらに書き込んでました。いや、こちらの事情ですがね。

今日のお天気は曇りですよ。花曇りっていうんですか。ローラじゃないけど「なんかそんな感じ」。

実はね、気が付いたんですが、オフィスの湿度がズンと上がってましてね。冬場の乾燥している時は、加湿器をどんどんたいても30%台でしたよ。それがここンとこ、50%超してるじゃありませんか。お肌の潤う季節ですよ。花粉でお鼻も潤っちゃってる人も、隣席に若干1名おいででございます。

あ~あ、いい季節だなあ。

キャリートレード

「ねえねえ、君の預金、全部ドルに換金してきなよ」
「それって何なんですか」
「だからさ、今85,000円持ってるとするだろ。それをドルに換えると1,000ドルになる」
「そうでしょうね」
「そいつをしばらく持っていて1ドルが100円になったらその1,000ドルを円に換える」
「なるほど、そうすると15,000円儲かるわけですね」
「そ、儲かるだろ」
「無理ですね」
「どして」
「もうすぐ85円を割り込みますから」
「これから先分かんないじゃないか」
「無理でしょ。100円なんて無理無理」
「それもそうか」
「でもですね、お金もっと沢山つぎ込むといいかもですよ、そうですねえ、6億ぐらい」
「ほほう」
「そしたらそれを全部注ぎこんじゃう」
「でかいねえ、話が」
「そうすると、6億÷85円として・・・・706万ドルですよ」
「いよ、大金持ち」
「それがですね、86円になったとするでしょ」
「はいはい」
「えーとー、電卓電卓。ね、すごいでしょ720万近く儲かっちゃう」
「凄いねぇ、で、6億どうすんの?」
「Bigですよ。toto、totoですね。これ当たる予定なんです」

先日、事務所の女子社員とこんな与太話をしておりました。
こういうの「キャリートレード」って言うんですってね。
今朝↓これ読んだら、ちと暗くなりました。

【社説】円の神話

8時15分配信 ウォール・ストリート・ジャーナル

 

その筋

アイ・エス・オーとやらで、電気料、OA紙などの使用数値目標を決めて、その筋(事務局)から月ごとにデータが発表される。
昨年度は大きく目標を下回ったのですが、売上がズドンと落ち込んでいるのですからそれもどおりであります。
今年度はその数値目標をずんずん上回って、だって前年比で売上は上がっているのですから、なにより暑い!わけですからね。
で、暑いわけですから、会社の『広大な』庭園の庭木も芝生も参ってしまうわけです。
よって夕方、日が少し陰り始めるころ、おもむろに水やりですよ。
散水ホースでどんどんやらないと奴らも参っちゃいますからね。
人間は自販機で清涼飲料水買えばいいんですけど、奴ら買えませんからね、自分では。
しかし密かに思っておるのですよ。
来年は水道水使用量の数値目標、その筋から確実に出てくるなと。
だって、さっき、その筋の視線を背中で感じましたから。