つるが・あなごすし

福井県敦賀市は株式会社塩荘さんの「つるが・あなごずし」開封の儀。

頃合いもよく昼時の新幹線であったので、駅弁調達。

散々迷いに迷った末に買い求めたのが、このあなごずし。

いわゆる押し寿司である。

一本丸ごとの棒鮨は、あちらこちらから出ているが、あまり量は食べられないので、小ぶりなこちらのあなごずしに目が止まった。

もっとも、一番最初に目を止めたのが、広島はうえののあなごめし弁当であったから、頭の中にあなごあなごと刷り込まれてしまったに違いない。

東京駅構内の駅弁屋は全く罪である。日本全国津々浦々の駅弁をこれでもかと並べ立てるのだから。

かくして、新幹線の車中でつるが・あなごめしをいただくこととなった。

幅60×厚35×長120の箱サイズだから、掌にすっぽりと入る。あいにく秤を持ち合わせていなかったので重さは省略するが、随分持ち重りがする。

この中のほとんどの体積を、あなごとめしが占めているのだ。

開封すると、ビニールの袋に全体が密封され、竹の皮に似せた紙で包装されたすし本体と、箸やプラスチック製のナイフ、それに生姜の酢漬け、すしにかける山椒など実に効率的にパッキングされている。

それらをすべて開封し、座席の前のテーブルに並べると、そこはもう敦賀である。

敦賀は寒かろう、雪もしこたま降っているだろう、福井といえばこの時期かにだが、いいや敦賀のあなごもどうしてどうしてと、妄想しきり。

売店で頂戴したナプキンで手を清め、割り箸を抜き取って、ひいふうみいよのむう、6切れあるぞ、とりあえず一切れをひとくちでパクリ。

おうおう、しっかり重石を乗せてこさえたすしだ。米と米が口中でパラリとほどけるななどせず、ポクリポクリとブロックになる。

じっくりかみしめかみしめいただくと、おいおい、俺が主役だと柔らかく炊いたあなごが、主張し始め、追いかけるように、めしの中に仕込んだきくらげの佃煮もかすかに舌を撫でていく。

あっという間に一切れは腹に収まったが、何か忘れてはいまいかと、テーブルの上を俯瞰すると、山椒である。山椒が、除け者にしてくれるな、俺がいなければ、いかな主役のあなごでも、旨さ8割とのたもうている。

そこで、山椒をパラリパラパラかけてやると、なんと、あなごの活き活きしてきたこと。

思わず知らずのうちに、残りの5切れがすべて腹に収まってしまったのはいうまでもない。

あーあ、一本丸ごとの棒鮨にしておけばよかった^ ^

ファンタスティックエロティカ

紅葉漬最近のスマホは一昔前のデジカメより数段いい。画質もいいし、そこそこ撮れてしまうのである。SNSやブログに載せるには十分だ。ましてや、WEBを見る側にはなんの不足もない写真が撮れる。しかも、いつもポケットに入っていていつでも好きな時に自由に撮れる。そんなわけだから、SNSにはラーメンだのお菓子だの食いものが溢れかえるようにのっている。年寄りには見るだけで腹一杯になる。

それはさておき、そんな風に簡単にいつでも撮れるものだから、スマホはまるでブラックホールのように写真をため続ける。

食いものばかりか、飲み会で一緒した友人知人のあられもない姿がラーメンの隣に。その隣には子供や孫の写真など、実に脈絡なく並んでいるのだ。

前置きが長くなった。吾輩のスマホも同様の写真チャンプルー状態である。

今宵、溜まり続けたその写真をめくっていると、な、な、な、な、な、なんとファンタスティックな、なんとエロティックな写真が吾輩に秋波を送ってきた。

紅葉漬である。福島の名産である。鮭の麹漬けである。箸の先でほんの少しひとつまみ、鼻腔にその香りを深く静かにかぐ。麹の香りと鮭の脂の香りであろうか、鼻腔のそのまた奥の薄い頭底骨を通り抜けて、直接脳下垂体に働きかけてくるような実にうまし香りである。

それより何より、その姿である。ぬめりを持った濃いピンクの鮭の身に淡雪の白さを持つ麹の一粒一粒がまとわりついている。実にファンタスティック、まさにエロティック。眺めているだけでもよおしてきそうである。

そして勿体をつけながら箸先に摘んだほんの少しのそれを口中に運ぶのだ。舌先でまろびつつ、良質の鮭の脂が口中に広がっていくのを感じ、追いかけるように麹の香りが、今度は反対方向から鼻腔に上っていく。奥歯でその身を噛むようにすると、それはもっと主張しはじめ、まろやかな塩味が追いかけてくるのだ。

そこでおもむろに、米の味がガツンとくるような純米酒をクピリとやると、こりゃたまりませぬ。口の中が大人のワンダーランド。頭の中ではミラーボールがグルグル回り、これぞまさに、ファンタスティックエロチカである。

ううむ、写真一枚でここまで妄想できる自分を褒めてやりたい。歳はとっても妄想力健在である。いささか羊頭狗肉の題をつけてしまった感もあるが、騙されたと思って福島名産紅葉漬、一度召し上がれ。一番小さい袋がひとつあれば、酒一升飲めること間違いなし。

 

昼中華

お昼の選択肢は特別な事が無い限り二つ。二つと言ってもあんまり変わりはないんだけどね。片方はラーメン屋さんだしもう片方は中華屋さん、ね、一緒でしょ。今日は前者の冷やしラーメンをチョイスしたのですが、どういうこと? 今日は暖簾がかかっていませんでした。よって後者のお店へUターン。この店のメニューはだいたい制覇したので注文するのはもっぱら2種類。今回は担担麺でした。もっとも、他の担担麺とは少し違います。その違いはいずれまたご紹介。ということで。

ヌードル臭

お昼ごはんはカップヌードルでっせ。出かけたついでに買おてきてしまいましがな。お湯入れて煙草1本吸ってる間にできよりました。そういえば、昨日録画しといたビデオ、なんちゅうたかいな、クライシス・オブ・アメリカ、面白おましたぜ。デンゼルのワシントンさん主演の映画でおます。そんなかでデンゼルさん、カップヌードル食べとりました。かなり重要なキーで←ほんまでっかいな。まあそれはおいといて、オフィスの中がカップヌードルの匂いでじゅうまんしとりますがな。堪忍でっせ。

ぎょぎょっ

どっちの料理ショーが再開したんですね。今夜は餃子vs唐揚げ。ちなみに今夜のわが家の夕食も餃子でありまして、そりゃあもうTVの中のほうが美味しそうに決まっておりまする。あちらは金に糸目をつけてませんからね。当家はあくまでも質素に。でもですよ、月並みですが、オホン、女房殿の愛情が入っております。

並!

Sukiya 今日のお昼は「すき家」で『並』。
豪華にたまごセットを付けて380円也。

カウンターで隣に座った人がやたらせわしい。

お茶碗に箸の当る音がチャカチャカチャカ。
自分より後に食べ始めて、
食べ終わりは自分より早い。
そういえば、お客さんの回転が異様に早い。
おそるべし「すき家」。

写真撮らなかったので(そんな雰囲気でもなかったので)
いちおう、コピぺしておく。

峰亀ロースかつランチ

Katsuそばとトンカツという食い合わせはいかがと思う。
ましてや寿司とトンカツは。

ところがいるのだそういう類を美味しく召し上がっている方々が。
あるいは自分の食わず嫌い、正しくは食い合わせ嫌い?なのかもしれないが。
隣のおじさんは座るなり、ロースかつと蕎麦とオーダー。
後ろの席は寿司とヒレカツだ。
うーむ。
声出さずして唸ってしまった。

自分はロースかつランチ、980円なり。 
 
いちおう、載せておく。 

珉珉蝦湯麺

写真 (11)  「4回転を飛ばないなら男子シングルからアイスダンスと名前を変えなくてはならない」
4回転を飛ばずして金を取ったライサチェクに敗れたプルシェンコがこう言ったそうだ。

女子もしかりだ。 
難度の高い技にはそれなりの点数が有ってしかるべき。でなければ、誰もトライしなくなる。1位と2位の点数差は開きすぎのような気がするのは素人考えだろうか。

この麺の評価は技術点40.64、構成点33.55、減点1.0 ぐらいか。いちおう載せておく。