出来栄え点

Maoyona注目のショートプログラムMAO vs YONAを見逃した。
その後の録画で観戦。
高得点が出てやったぞという表情のMAOさん。
それをフフンと鼻で笑うYONAさん。
氷上の女の戦いは表情の戦いでもある(^^;;
結果はご存じとおり。
実力は伯仲も「出来栄え点」で差が付いた。
自分も何やら思い当たる。
なるほど、「出来栄え点」で差が付いているのか。
腑に落ちたw

いちおう載せておく。 

珉珉みんみん麺

Minmin いちおう載せておく。
珉珉のみんみん麺。
ジャージャー麺の餡が超からいやつ。
唐辛子が結構入ってます。

辛いので言うとワンランク上に麻婆湯麺というのがありますが、
これはもうスープが真っ赤で粘度があってスープに絡みます。
口の周りはもとより消化器官すべてが燃えます。要注意麺です。

辛いモノ好きには(辛いとモノ好きの間に句読点)、
この二品、たまりませんね。くせになる。

難点は、このお店、単価が高いことでしょうか。 
 

みそ壱からし味噌

Misoichi_karashi  いちおう載せておく。
みそ壱のからし味噌らーめん。

初めて入った店ですが、あれ前に来たことあるぞ?
なんだ、うちの近くのみそ伝じゃないか。
ということは、S藤さんのお店だ~。

随分沢山お店をお持ちのようで、
それぞれに、えらい繁盛してます。
店内も清潔ですしね。
 

  

新蕎麦食べたい

蕎麦味噌で一杯
先月猪苗代方面へドライブした折、真っ白な蕎麦畑と金色の稲田の取り合わせに感激してきましたが、今月に入ってあちここちで新蕎麦の便りが聞こえます。
残念ながらまだ食してはおりませんが、薫り高い新蕎麦を早くたぐりたいものです。
写真は家族でよく行く御蕎麦屋さんです。
お銚子を頼むと蕎麦味噌が付いてきます。
蕎麦、大好きです。

伊達な味

このところ某団体でご一緒のC葉さんとは毎日お会いしているような気がします。
昨日などは職場近くの某和風レストランで昼食にフライ盛り合わせ定食をいただいている最中、目の前からぬっとC葉さんが、「こんにちは」。
驚きました。
驚いて、海老のしっぽを咥えたまま、瞬間フリーズしました。

そのC葉さんと今日はまだ会っておりませんが、明日はきっと会うことになるでしょう(^^;;

さて、一昨日は某団体のG会。
会員企業の訪問です。
もちろん、C葉さんもご一緒です。

Koyo
当市の隣に新しくできたD市。
その町はずれにF島紅葉漬株式会社があります。
社名の通りこの地方独特の紅葉漬という漬物をつくっています。漬物といってもお魚の漬物。鮭の米麹漬です。

Tanbo 山里であったこの地では貴重な動物性たんぱくとして阿武隈川を遡上する鮭がとても大切なものでした。
捕獲した鮭を長持ちさせ、いつでもおいしくいただけるようにと、先人が鮭の切り身を刻んで米麹と混ぜ、重石を乗せて貯蔵することで発酵させ、独特の風味を作り出したのが今から200年ほど昔なのだそうです。

Sagyo今でも製法は手作り。
ベテランの社員さんが一つ一つ丁寧につくるのは昔のままです。
しかし工場だけは、町中に会った旧工場を移転させ平成8年に新工場を建設しました。

Dai その工場なのですが、2階に上ると作業場が俯瞰できるようになっています。
作業場をのぞきこめるように大きな窓がいくつもあって、窓のすぐ下には手すり、足元には窓に沿うように幅40センチほどの台が続いています。案内してくれたK内工場長にお聞きすると、近所の小学校の子供たちが見学に訪れた際に使うのだそうで、背の低い子も作業場がのぞきこめるようにという先代社長の配慮です。

Tegami そういえば、壁際には沢山の手書きの掲示物が。
近所の学校の小学生が、紅葉漬のできるまでを図解したり、見学の感想文だったり、お礼のお手紙だったり(ラジバンダリ)、沢山掲示してあります。

ここ何年も小学3年生の社会科見学の定番コースとなっていて、社会科の教科書の副読本にこの会社が載っているとのこと。驚きました。
ここを見学した子供たちがどんどん増えていくのですから。そしてこの会社を見学した子供たちが大人になり、紅葉漬を肴に一杯飲む。
今から未来のお客様を育てているようなものです。

見学の後、3種類の紅葉漬を試食させていただきました。
鮭、紅鮭、唐辛子を加えたもの、いずれも美味しい。
ぬる癇の日本酒を添えていただいたら、もっと美味しかったでしょう(^^v

小鰯

Koiwashi 朝一番の新幹線で上京。
東京は暑い。
湿度が高くて、少し歩くと、襟元、胸元がぐっしょり。
今日はオフィスの中だけで用が済むのでクールビズ・スタイル。ネクタイを外しただけですが、それでも助かる。
銀行さんが来社したので、先日の話の続き。
机の上に溜まったのを片付けて、午後は夕方まで会議。
会議終了後は皆を誘って、なぜかC印刷M子さん推薦のお店で一杯やる。
沢山食べたが、半生の小鰯をあぶったのが美味しかったので、姿がいいのを数匹選んでパチリ。こうして写真を見ると、あぶったのではなくて半生のほうだったのかもしれない。