降りますね

台風は首都圏を直撃するのでしょうか。
当地も朝から雨続き。
昨夜半はよく降りましたねぇ~。
安普請の我が家は、雨の音が響く響く。
夜中にそれで起こされました。

その雨の中、御来客。
タクシー2台でおいででした。
こんな小さな会社ですから、応接の場所を急きょ食堂へ。
テーブルを8つ組み合わせて先方が7名様、当方も7名様。
7対7のフィーリング・カップル状態。
もっとも、女性は一人もおりませんがw

最近の受注動向についてお聞きしましたが、この5月以降底を脱したかとのこと。
とはいえ、正直なところはそう思いたいということじゃないでしょうかね。
与野党が逆転し、景気は好転するのでしょうかどうでしょうか。
楽観視しておられる方はどうも少ないようですね。
民主党になって世の中どうなんのかなあ、なんぞと庶民はまだまだ安心して居りません。ゆんべの鳩山さんのインタビューを聞いていると、聞き手の質問に対して、小沢代行だったらこう答える云々と申されておりましたのが、ちと引っ掛かりました。
鳩山さんがトップで小沢さんはただの「代行」なのに、やっぱり気になさっておられるのかと。

まあ、決まったことですから日本国のかじ取りをしっかりしてほしいですね。
新人議員さんが多いようですけど、言いたいことはみんな言っちゃってください。
有権者はあなたに付託したんですからね。小沢さんを選んだんじゃないですから。
自民党さんは民主党さんみたいな野党にならないようにね。
何でも反対じゃなくて、賛成できるところはしてやってください。
お願いします。
ともかく、景気良くしてね。
中小企業、死にそうなんだから。

もうそろそろ現場立ち合いが終わるころか・・・。
じゃ、また。

BBQ

263470130cb26bcf9b1b7062e97655e66e9昨夜はN人さんちのとてつもなく広いベランダででBBQ。
一方のテーブルにはジンギスカン鍋、もう一方には焼き肉用のロースター。
おまけに本格的なビールサーバーまであって、素晴らしい。
まずは、豚トロを塩とハーブで下味付けといたのをじゅう~。旨し。
そいでもって次は、極上カルビ。これがまた旨い。わさび醤油でいただきました。
で、いよいよジンギスカン。
ボクはラムが不得意なのですが、なんとなんと旨し。例の洗面器をひっくり返したようなというか鉄兜といったらいいかそういう例の鍋のてっぺんにラム肉。その上にキャベツ、もやし、ナスなどをどっさり。こんにゃくをスライスしたのも入っていて、これも旨い。
飲んで食べて、若い人たちとおしゃべりして、N人さんのお母さんとお話しして、ワンちゃんと遊んで、充実した夕べでした。
お世話になりました、N人さん、お母さん、Mさん。後片付けしないでごめんね。

オフレコで

この3月に某会の地区会長の任を下りた。
両肩に乗った重いものが外れたすがすがしさを覚えるとともに、一抹の寂しさが胸の奥の片隅にもんやりと漂ったことも間違いない。
4月に入って某会は新会長の下、体制を組みなおし出発した。
こうなると前会長の立場は微妙である。
顧問という肩書きはいただいたものの、なにやら新会長新幹部に対し遠慮が出てくる。
一言口を出せば舅小姑のたわ言と同じではないか。ましてや、あちらも多少の遠慮はあるだろう。

過去を振り返ってみれば、会長経験者は皆同じような思いをしたに違いない。
知る限り、過去の会長さんは職を辞した後、徐々に会活動から疎遠になり、そのうち色々な集まりへの参加も少なくなり、お顔を見る機会もめっきり減る。

そんなことを思ったりしながら数ヶ月が経過した。

その自分に、声がかかった。
会の中でも若手といわれる集団である。
うれしかった。うれしくてしゃべりすぎた。
夕べは余計なことまでしゃべってしまって後悔した。

KO継者塾の皆さん、私がしゃべったことはオフレコですからね。
オフレコ=オフ・ザ・レコード。
年寄りのたわ言と思って聞き流してやってください。
貴重な時間を無駄使いさせてごめんね~。

アクシデント

昨夜、出張帰りの某駅で、コンクリートの床にiphoneを落としてしまった。

カバンに入れておいたiphoneを取り出し、持ち替えようとした瞬間、奴が掌からするりとすりぬけて宙に飛びだした。
床まで1メートルほどの距離。飛び出した奴は5回転半ひねりの高難度の技を描きながら、足元前方40センチほどに着地。
しかし残念ながら、奴はその着地に失敗した。左下隅から床に叩きつけられるとそのまま倒れこみ優雅なカーブを描く背中で水平方向に数度回転、ゆるやかにその動きを止めた。
一瞬の静寂。

腰をかがめて、離れていった掌にやつを回収した。
薄暗い照明のもと、ためすがめつメディカルチェックをした。
どうもそれらしい傷は見当たらない。
おそるおそる奴の下腹部にある丸いボタンを押すと、画面表示は無事ではないか。
タップしてフリックしてピンチして、すべてOK。

なんて強い奴だ。

ついっちんぐしながらタクシーで帰宅した。

遅い時間の夕食をとる間に1日分のエネルギーを奴に補充しようと、奴の股間にコネクターケーブルを差し込もうとした。

ガーン。は、入らねぇ。

どうにかこうにか差し込み、充電が開始された。
しかしどうしてだ。
ケーブルを付けたまま、明るい照明の下、奴の体を再度チェックすることにした。

目の前が暗くなった。
奴はやはり傷ついていたのだ。
傷ついているにもかかわらず、健気なやつだ。
一層奴に愛着が湧いた。

傷は、左下隅打撲による裏カバー変形剥離。
早急に病院に入れ、医師の診断を仰がねばなるまい。