Where is here?

2、3日前、lifehackerさんとこにこんなエントリーがあった。

写真に写っている「これ何だっけ?」にみんなが答えてくれるWebアプリ「id● this」

これが役に立った。

ボクの祖父は明治後期から大正中期にかけて、どうやら米国にいたらしい。
ボクが生まれた時に彼はもうこの世にはいなかったので、彼から直接話を聞くことはできない。父も亡くなった今、祖父が確かに米国にいた証は数枚の写真。

そのうち1枚は特定できた。
しかし、その他の写真はまるでわからない。
これは遊園地だろう、これは動物園だろう、これは公園かと、写真に写っている情報で判断できるが、はたしてどこの遊園地?どこの動物園?公園?となる。

もう1枚、これなら特定できるかもという写真があった。
米国旗らしいものが凹凸のある特徴的なビルの上に翻っている。ビルの前にはオベリスクのようなモニュメント。その頂部近くに「V」という文字の入ったポスターが貼ってある。その前でポーズする帽子をかぶった男性(祖父)。
ポスターはしばらく前にわかった。第一次世界大戦の戦時公債を呼び掛けるポスターらしい。とすると、年代は大戦のあった1914年から1918年頃に限定される。

1914年-1918年、米国。ここまではわかった。場所はどこだ。

早速、id●thisに投稿してみた。http://idthis.org/id/fj/
1日と少し、待った。
メールが入った。

Your photo has been identified!
anonymous (0) has received enough votes with this answer:

*ilt*n hotel – chicago

とそっけないメールだったが、長年のもやもやが一気にすっきりした。
月並みだが「カンドーした!」

恐るべしid●this、まさしく衆合知だ。

googleで「chicago h*lt*n hotel」と画像検索してみた。

なるほどよく似てる。
でも微妙に違うんだな、これが。
その後、建て替えたのでしょうか。
第一、写真に写っていたモニュメントが無い。
壊してしまったのか。

これはシカゴまで足を運ばざるを得ないか。
ついでにカウンティー総合病院も見物してこようっと ← ER好き

Group 11

昨夜は私の所属する某団体の小グループ定例日。
「地元をよく知ろう」というのが年間テーマで、毎月様々な人をゲストに迎える。
今回は中心市街地活性化運動の中心におられるS氏。

時間ぎりぎりで会場のウォズもとまちに到着し、エレベータに飛び込むと先客。
なんと私の所属する某団体、別の小グループに所属するお二方。
同日に別々のグループが同じ建物の別室で会を開催しているようだ。

2_2お先に失礼とエレベーターを降りると目の前の会議室の扉があけ放ってあり、汗を拭きながら部屋に一歩足を踏み入れたら、どうも雰囲気が違う。会議室前方に横断幕を持った方々がおいでになる。
ん、こりゃ間違ったかも、と踵を返し部屋を出ると、GさんGさんとわがグループのリーダーの声が追いかけてきた。

なんでも、某団体の会員増強チームがPRにおいでになっているとのこと。びっくりした。
改めて席に落ち着いてみると、おやおや横断幕のキャッチフレーズ、昨年の当地区のものではないか。まだ使っていただいている。ありがたい話だ。
チームの面々、会員増強の意義を熱心に説かれ、話すだけ話すと颯爽と退室していった。今夜だけで数グループを巡るらしい。

さて、S氏の話、メモ的に。

エコノミック・ガーデニングという考え方。
http://www.neri.or.jp/view.rbz?nd=63&of=1&ik=1&pnp=16&pnp=20&pnp=25&pnp=63&cd=480
中心市街地を分断する4車線の国道を2車線にし、残りを歩道にあてる。バイパスができたことで交通量も減るはずだ。
花M山の新ルート、フラワーラインを。
郊外にある某医大付属病院の外来を中心市街区に。

いずれも夢のある話だけで終わらせたくない。
S氏は現在中心市街区活性化のための署名運動を展開中。

PhotoS氏も交えて会員さんのお店へ流れ、夜遅くまで話の輪が広がった。