混乱 困惑

「ちょっと話していいかな」

また夢かと思いました。
囁くような声で、「ねえ、聞いていいかい」はっと思って飛び起きました。

夢ではありません。寝ている布団の足元でお袋様が腰をかがめてこちらを窺っています。

「何?トイレがわかんなくなった?」
「違うの。ちょっとこっち来て」

手招きして隣の部屋に行きます。

「どうした?また夢見たの」
「違うの。なんか寝ている間に七男(お袋様の弟)が泊まっていったらしいの。
あんた知らないかい」

知るはずありませんし七男叔父さんも来宅していません。
もちろん泊まってなぞ・・・。

「知らないよ」
「だってここにお布団を丸めて出ていっちゃったんだよ」
「ふ~ん」

こちらは眠いです。

「あのね、来る訳ないじゃん。
オレは昨夜11時に帰って来たんだよ。
そん時さ、母さん起きていたでしょ」
「うん。そうだっけ」
「起きてたの。で、今何時?時計見てごらん」
「さ、三時」
「そうだよね。その間に来る訳ないじゃん」
「そうかなあ」

お袋様は納得できない様子。
「あのね、うちには母さんと女房と自分の三人しかいないの。わかるでしょ?」
「うん、でもあれは夢じゃないよ」
「そうかい。夢だと思うんだけどなあ」
「そうかなあ。私また夢見たのかなあ」
「うん、だからもうベッドに入って寝なさい」

ようやくお袋様を納得させてベッドのもとへ。

「私、ここに寝ていいのかなあ」
自分のベッドの指差して不安そうなお袋様。

「そうだよ。ここは母さんのベッド」
「そうかい、そうだよね」

やっと状況を把握できたのかベッドの上に横になりました。
横になった体に毛布をかけようとしたら、また起き上がって

「父さんには、七男が泊まっていったこと黙ってようね」
「あのね、父さんは7年前に亡くなったでしょ。
七男叔父さんはそのもっと前に亡くなったでしょう」
「あ、そうか。そうだよね」
「わかった?じゃまだ外は真っ暗だから寝ましょ。おやすみ」

まだまだわかっていないようです。
自分はお袋様をベッドの上に寝せてから寝床に戻ったのですが、そのあと女房殿が起きて、眠れない、納得しきれていないお袋様と話をしていたようです。
最近特に夢と現実で混乱してしまうお袋様です。
でもこうして、亡くなった人と頻繁に会えるようですから幸せだと思っています。

早暁や尻の温みで秋を知る

早暁や尻の温みで秋を知る 牛斗

まだ朝も暗いうちに突然催したので寝ぼけ眼で便座に座ったらほんのりと温かかったのです。
昨日の朝までは便座の温度など気にしませんでしたのに、なぜか今朝は違ったのです。
設定は変えてはいませんので、便座の温みが我がお尻に秋の到来を伝えてくれたに違いありません。
秋という実感を尻で味わった今朝でしたw。

お袋様と二人旅

女房殿に送られて飛行機に乗った。
お袋様との初めての二人旅。
もちろん飛行機はお袋様にとっても初めてだ。
二人ともなぜか普段着に長靴ばきで、ああそうか雨が降っていたものと丸い窓から外を眺めれれば今では降っているやら止んだやらよくわからない。
機内をぐるりを見回すと見知った顔もちらほらいて皆同じ所へ行くのだなと安心したがよくよく考えてみると我々は一体どこへ行くのか目的地がとんと思い出せない。
かれこれもう乗り過ぎるほど乗ったろうにそろそろ着く頃かとお袋様を見やれば意外に落ち着いて目を閉じ椅子にとっぷりと身を預けている。
どうやら海の上を飛んでいるようで丸窓には光る波と小さな船が見てとれるが、ふむ、そろそろ着陸態勢かと椅子に座り直す。
「あれ、おかしいぞ」とつぶやく声が前方から聞こえたような気がして目を凝らすと、不思議なことにいつの間にかすぐ前に操縦席がある。
操縦士が操縦桿を握りしめ、一人でつぶやいている。
「おかしいぞ、おかしいぞ。高度が上がらない」
これは危ないぞとお袋様を揺り起こし、こういう時は頭を抱えて体を丸めるのだと教えるがお袋様は腰が痛くて丸められないと言うので、しようがないから二人して背中を椅子にしっかりと押しつけて両足を踏んり目を閉じた。
ずんずん高度を落として行く気配が依然としてするのでそっと薄目を開けて窓の外を見やると、機体は町の中に沈んで行き、おや、そのまま町の通りに入って行く。
どうしてこんな狭い通りに不時着するのか、映画では高速道路に着陸するんじゃないのか。翼はきっともう滅茶苦茶に違いないと目をやれば、なんと折りたたみの構造になっている。
もう駄目かと思ったのに、飛行機は町の狭い通りに『無事に』不時着をした。
先を争うように乗客が降りて、機内にはお袋様と私、通路を挟んで窓側の席に一人の老婦人の三人だけ。
他には誰もいない。
老婦人の肩を叩きながら降りましょうかと声をかけ、お袋様にも降りるよと声をかけて連れだって機体の外へ出た。
存外機体はきれいなままでお日さまの光を受けてピカピカ光っている。
あたりを見廻すとそこは見覚えのある通りでまさしく自分の住んでいた町の通りだ。
なあんだ、あんなに乗ったのに結局戻ってきたのか、お袋様行くよと声かけて歩き始めた。後ろから付いてくるお袋様を振り返り、ゆっくりでいいよと声をかけたがどうも歩き方がおかしい。
ははん、足元がゴム長だ。
通りを渡った角にポストが有ってその脇に赤いベンチがある。
そこでお袋様の靴を履き替えよう。
すぐにも腰をかけようとするお袋様を制してベンチの上をハンカチで拭う。
遠目には赤いベンチでもこうしてみると土埃で真っ白だ。
丁寧に拭いて腰をおろしてもらい長靴を脱がせる。
機内の椅子ポケットから持ってきたポリ袋を取り出し(このために持ってきたのだ)脱いだ長靴を入れ、お袋様の脇においたスーツケースの中にしまい、お袋様とまた歩き始めた。
随分歩いたようであたりの景色がまるで違いお袋様と二人路地の中に迷い込んでしまったようだ。
可愛いねえとお袋様の声がするので振り向くとお袋様は地面に横たわりその傍らには赤ん坊がいる。
こんなところにと思ったけれど、なぜかいつの間にか地面は地面ではなく床でありそこは路地ではなくどこかの家の中だ。
お袋様があやす赤ん坊の脇にはその父親と思しき男が毛布にくるまって眠りにつきそのすぐ頭の上、Πの字の横棒にあたる部分に男の子が寝ている。
あれどうしたんだろう、人のうちに入り込んじゃ駄目だよ、
お袋様起きてくれよと引き起こせば男の子もむくりと起きた。
坊や、出口はどこだろうと尋ねると男の子は私の手を取り部屋の障子を開けその家の玄関先のようなところへ案内した。
礼を言って玄関のたたきへ足を下ろそうとしたら、たたきには大きな半円形の穴が空いており、これはなんだと尋ねると温泉が出ているだと答える男の子。
そう言えば穴の縁から白い湯気のようなものがゆらめいている。
ここはどこを掘っても温泉が出ると父さんが言ってた。
男の子は口も開かずにそう言う。
そういえばさっきからこの子は口を開かぬなあと考えながらその穴に落ちぬよう気をつけてたたきの草履に足を乗せる。
草履は湯気で湿っていて、びしょっと・・・。

あらっ、父さん、ごめん。寝坊しちゃった。
もう7時だよ。ごめんごめん。

女房殿の慌てふためく朝の第一声。
どうやら久しぶりに一家そろって寝坊したらしい。
まあ家には無事にたどり着いたようだしお袋様も元気に起きてきた。
面白い夢だったなあ。