つるが・あなごすし

福井県敦賀市は株式会社塩荘さんの「つるが・あなごずし」開封の儀。

頃合いもよく昼時の新幹線であったので、駅弁調達。

散々迷いに迷った末に買い求めたのが、このあなごずし。

いわゆる押し寿司である。

一本丸ごとの棒鮨は、あちらこちらから出ているが、あまり量は食べられないので、小ぶりなこちらのあなごずしに目が止まった。

もっとも、一番最初に目を止めたのが、広島はうえののあなごめし弁当であったから、頭の中にあなごあなごと刷り込まれてしまったに違いない。

東京駅構内の駅弁屋は全く罪である。日本全国津々浦々の駅弁をこれでもかと並べ立てるのだから。

かくして、新幹線の車中でつるが・あなごめしをいただくこととなった。

幅60×厚35×長120の箱サイズだから、掌にすっぽりと入る。あいにく秤を持ち合わせていなかったので重さは省略するが、随分持ち重りがする。

この中のほとんどの体積を、あなごとめしが占めているのだ。

開封すると、ビニールの袋に全体が密封され、竹の皮に似せた紙で包装されたすし本体と、箸やプラスチック製のナイフ、それに生姜の酢漬け、すしにかける山椒など実に効率的にパッキングされている。

それらをすべて開封し、座席の前のテーブルに並べると、そこはもう敦賀である。

敦賀は寒かろう、雪もしこたま降っているだろう、福井といえばこの時期かにだが、いいや敦賀のあなごもどうしてどうしてと、妄想しきり。

売店で頂戴したナプキンで手を清め、割り箸を抜き取って、ひいふうみいよのむう、6切れあるぞ、とりあえず一切れをひとくちでパクリ。

おうおう、しっかり重石を乗せてこさえたすしだ。米と米が口中でパラリとほどけるななどせず、ポクリポクリとブロックになる。

じっくりかみしめかみしめいただくと、おいおい、俺が主役だと柔らかく炊いたあなごが、主張し始め、追いかけるように、めしの中に仕込んだきくらげの佃煮もかすかに舌を撫でていく。

あっという間に一切れは腹に収まったが、何か忘れてはいまいかと、テーブルの上を俯瞰すると、山椒である。山椒が、除け者にしてくれるな、俺がいなければ、いかな主役のあなごでも、旨さ8割とのたもうている。

そこで、山椒をパラリパラパラかけてやると、なんと、あなごの活き活きしてきたこと。

思わず知らずのうちに、残りの5切れがすべて腹に収まってしまったのはいうまでもない。

あーあ、一本丸ごとの棒鮨にしておけばよかった^ ^

何が始まるんですかね

丸の内中央の改札口を出たら、警備の人や、大勢の人が広場を囲んでいたので、なんだなんだと早速首を突っ込んだ。
どなたかいらっしゃるんですかね、その辺の人に聞いたけど、誰も分からん。
さあ、なんなんですかねえ、偉い方がいらっしゃるんじゃないでしょうか、と皆さんよく分からずに足を止めている。
外交ナンバーの公用車が数台、傍に止めてあり、クルマには何やら派手な国旗らしきものが見て取れる。
あれはどこの国旗ですかねと、先ほど尋ねた人と違う人に聞いてみると、ベナンだという。
ベナン共和国ってどこなんですかと、逆に問われて、さあ、南太平洋の島国じゃないですかと答えたが、後で調べたらこれはまるっきり外れ。
警備の人が、写真の撮影をなさる方はフラッシュを焚かないでください、馬が驚きますから。
ひょっとすると馬車が来るんですかと、ベナンを教えてくれたご老人に尋ねると、信任状を頂きに行くときに車か馬車か選べるらしいですよ、ベナンの大使のようですと回答が返ってきた。
そのうち、皇居の方面が少し騒がしくなって、護衛の人が馬で先導し馬車二輌がやってきた。
馬車は丸の内中央口に付けられ、どうも、そこからは電車で帰るのかどうか、最後までは見届けられなかった。
ただ、馬車から降り立った何名かの方は、どう見ても南太平洋の島国の方ではないようで、褐色の大きな体にまとっていた原色の民族衣装は、アフリカのもののようであった。
いずれにせよ、珍しいものを見せてもらいました。