まっしぐらだぜ、ベイビー

リバウンド街道まっしぐらであります。

グラフの傾き(昨年の7月から8月への下降線)通りにいけば、今頃はお腹周りもスッキリだったはず。
ところがどっこい、今じゃユニフォームのズボンのボタンをひとつ外して履いている体たらく。あくまでも、…ナイショですが。

これはもう原因ははっきりしております。
昨年の今頃でしょうか、プチ入院した折、医師から日頃の生活について教育的指導がございました。
それにもとづき、約2ヶ月(グラフの一番低いところ)血の滲むような食事改善の努力を重ね、ご注意を受けた数字(血液検査などで出てくるわけのわからん数字)は改善にいたりました。
しかし、しかし、思ったのですよ。これでいいのかと。
好きでもない葉っぱを山盛り、マヨネーズでもたっぷりかかっていればいいものを、それも体に悪いからとほとんど味も無く(涙)、神棚や仏壇にお供えするようなほんの僅かのご飯。何かといえばカロリーブックを開いて、これで1単位あれで2単位と、妻が鬼に見えました、ハイ。
そんなわけで思ったのですよ。
味気ない食卓でも、多少の酒があれば、少しは楽しめると。
それがいけなかった。
晩酌の量も次第に増え、家で食べない分を外で食べ、結果リバウンド街道まっしぐら。
これじゃいけませんと猛烈に自省しております。
本日只今より、心を入れ替える決心の『準備』に入ります。
極力、夜のお誘いは断る『準備』に入りますので、よろしくお願い申し上げます。

さて、どなたのサインでしょうか

さて、どなたのサインでしょうか(笑)
人様からサインをいただくということはそんなに経験がありません。
どちらかというと、サインをもらう行為はそんなに好きではない。
なのに、サインもらっちゃった。

昨夜、元憂歌団の木村充輝氏が、市内の某ライブ居酒屋で東北ツアーの口火を切ると聞いたもんだから、こりゃあ行かざあなるまいとでかけました。

想像通りのダラダラした(良い意味で)ライブでございました。
いささか温度の違うはしゃぎすぎの客もいましたが、これもまあローカルまでお出ましいただいた木村氏のライブにはありがちでしょう。
ともあれ、たっぷり聴かせていただきました。

御開きとなって、ドアを開けて外に出ると、インスタントにしつらえたグッズコーナーが出来ておりまして、遅れて出る連れを待つ間、覗き込んでおりました。
そしたら頃合いのTシャツがあったわけです。
物欲しそうな顔をしていたのでしょうか、売り子の兄さん(仙台の有名なライブハウスのご主人らしい)が、おそらくここんとこに、絵柄のギターの胴のところを指差して、サイン入りますよと。
何を言っとるかわからなかったのですが、ひょいと振り向くと、そこにタバコを燻らす木村氏のお姿。
ライブでの冗談爆発のご様子は何処に。ただただ静かに笑みを浮かべてタバコを燻らす姿を見てしまったものですから、大枚3500両をしはらってTシャツを手にすると、
「き、木村さん、サインお願いします」と差し出したのです。
私の掌の上に乗ったTシャツ、その上から丁寧に思ったより小さくバランスよくサインしてくれました。
きゃあ、うれしい!!
ミーハーの気持ちがわかりましたぞ。
サインをし終えると木村氏、そっと手をさしのべて握手までしてくれました。
うれしいっ!
ま、以上のようなわけでありました。
報告終わり。
末尾ながら木村氏の今後ますますのご健勝と東北ツアー大成功を祈念します。