ブリキ男は忽然と現れる

ブリキ男そいつは春の柔らかな日差しの中に忽然と現れた。

道行くものたちを一顧だにせず、虚空を睨みつけている。

そいつはこけおどしの銀色鎧に身を包み、ひたすら立つ。

もしかすると、そいつは俺の訪れを待って現れたのか。

ブリキの面のその奥で眼の玉が鈍く光るのを、俺は確かに見た。

 

ブリキ男は忽然と現れる」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です