ファンタスティックエロティカ

紅葉漬最近のスマホは一昔前のデジカメより数段いい。画質もいいし、そこそこ撮れてしまうのである。SNSやブログに載せるには十分だ。ましてや、WEBを見る側にはなんの不足もない写真が撮れる。しかも、いつもポケットに入っていていつでも好きな時に自由に撮れる。そんなわけだから、SNSにはラーメンだのお菓子だの食いものが溢れかえるようにのっている。年寄りには見るだけで腹一杯になる。

それはさておき、そんな風に簡単にいつでも撮れるものだから、スマホはまるでブラックホールのように写真をため続ける。

食いものばかりか、飲み会で一緒した友人知人のあられもない姿がラーメンの隣に。その隣には子供や孫の写真など、実に脈絡なく並んでいるのだ。

前置きが長くなった。吾輩のスマホも同様の写真チャンプルー状態である。

今宵、溜まり続けたその写真をめくっていると、な、な、な、な、な、なんとファンタスティックな、なんとエロティックな写真が吾輩に秋波を送ってきた。

紅葉漬である。福島の名産である。鮭の麹漬けである。箸の先でほんの少しひとつまみ、鼻腔にその香りを深く静かにかぐ。麹の香りと鮭の脂の香りであろうか、鼻腔のそのまた奥の薄い頭底骨を通り抜けて、直接脳下垂体に働きかけてくるような実にうまし香りである。

それより何より、その姿である。ぬめりを持った濃いピンクの鮭の身に淡雪の白さを持つ麹の一粒一粒がまとわりついている。実にファンタスティック、まさにエロティック。眺めているだけでもよおしてきそうである。

そして勿体をつけながら箸先に摘んだほんの少しのそれを口中に運ぶのだ。舌先でまろびつつ、良質の鮭の脂が口中に広がっていくのを感じ、追いかけるように麹の香りが、今度は反対方向から鼻腔に上っていく。奥歯でその身を噛むようにすると、それはもっと主張しはじめ、まろやかな塩味が追いかけてくるのだ。

そこでおもむろに、米の味がガツンとくるような純米酒をクピリとやると、こりゃたまりませぬ。口の中が大人のワンダーランド。頭の中ではミラーボールがグルグル回り、これぞまさに、ファンタスティックエロチカである。

ううむ、写真一枚でここまで妄想できる自分を褒めてやりたい。歳はとっても妄想力健在である。いささか羊頭狗肉の題をつけてしまった感もあるが、騙されたと思って福島名産紅葉漬、一度召し上がれ。一番小さい袋がひとつあれば、酒一升飲めること間違いなし。

 

2 comments on “ファンタスティックエロティカ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: