志は高く血圧は低く

とある病院の女医さん会いたさに、2ヶ月に1度定期通院している。
総合受付を済ませて診療科の窓口で更に受付を済ませる。
待合室のベンチに腰掛ける前に、部屋の隅に設置してあるある血圧計で血圧を測る。
測り終わると、測定値のプリントされたレシートが出てくるので、それを再度診療受付へ提出。あとは自分の名前が呼ばれるのをひたすら待つ。

数年前から、レシートに印字された血圧の値が高いのだ。
病院で測ると130の80ぐらいで推移していたものが、気付いた頃には上が150を超えていた。
体のほうはなんとも無く、まあ普通なのだが、ちと気味が悪いので起床時、就寝前の血圧を記録してみた。
一月ほど記録してみたが、病院で測るほど高くない。
こりゃあ病院に行って白衣を見ると上がるってぇ奴だなと、その折にはそう自己診断した。
それが2015年の7月。
先月、定期通院の日。
システムが変わって、今度はセルフではなく先生が血圧を測ってくれる。
おいおい、170の90だと。

少しおかしいですねえ。
なんとも無いですか?

まったくなんともないので、
先生を前にときめいているんじゃないですかと軽口を言うと、
う~ん、ときめいてもこんなには高くはならないですねえ。

まあ、一応気をつけて記録してみてくださいとご指示が出た。

その後、気をつけて計っているが、135から140の間ぐらいで、ははん、ボクはやっぱり高血圧気味か、太りすぎだよなあ、食いすぎだもの、体も動かさないしと、自分勝手に思い込む。
とり合えず、糖質ダイエット、間食をしない、ウォーキングにするかそれともジムにでも行くかと、….この辺が勝手に妄想しているだけで、なんら改善には移行しないのがボクらしいところで。

先週末、突然来た。
夕食を食べていると、突然寒気が来て風邪かと思った。
手足の先が冷たくなって、食事も早々に寝ることにした。
布団に入ったはいいものの、どうにも落ち着かない。
あっちにゴロリ、こっちにゴロリ。

あれ?!
もしかすると….、
おい、血圧計持ってきてくれ。

案の定だった。
175の95。
すぐさま閉院間近だった近所の医院にすべりこんだ。

薬を飲んだら楽になった。
今のところ、安定している。
これでまた服用する薬が増えた。

母親も血圧が高かったので、自分も十分注意せねばなるまい。
太りすぎにも注意。
ほこりをかぶっているワンダーコアを引っ張り出そう。朝も早くなったのでウォーキングでも。そうそう、近所のジムに通ってみようか。
思っているだけでなく、実行だな。

志は高く血圧は低くだ。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: