バーチャル別れ話

先週金曜日のこと。
職場の親睦会がまちなかの居酒屋さんで6時30分から開催されました。
5時の終業のチャイムとともに次々と社員さんが退出していきます。
じゃあおさきにと、ボクも職場を後にいったん帰宅します。

家に入ると出迎えた女房殿がしかめつらでお出迎え。

「また?」
「ちょっとこんがらかって」

金曜日はお袋さまのデイ・ケアの日です。
お袋さまの頭の中は、この日は決まってカオス状態。

「どうしたの?」
「あのね、あっちの家に帰らないと」

(…またきたよ…)

「休みの日に連れて行くからここでゆっくりしてってよ」
「でも、ずーっとここにお世話になりっぱなしでしょ。
 今日は帰らないと」
「お願いだよ。
 ゆっくりしてってよ」
「だって、向こうのTちゃんも心配してると思うの」

(Tちゃんというのはボクの女房殿のこと)

「なに言ってんだよ、
 この人がTちゃんでしょう」

(お袋さまはおどろいた顔で…)

「あら、この人もTちゃんなの。
 おんなじ名前なんだね」
「そうでしょう、この人がTちゃんなんだから」

(自分でもこんがらかってきます)

「あのねえ、この人はボクのお嫁さん!」
「あら、結婚してんの」
「そうだよ」
「いやだこと、初めて聞いたわ」

(なにがなんだかわかりません)

「じゃあどうしたの、あっちの人とは?」
「ん?
 誰?」
「あっちのTちゃんに決まってるでしょう」

(?????)

「だーかーらー、」

(この辺から声が大きくなってきます)

「だーかーらー、あっちは無いの!
 こっちだけ!」

(ここで女房殿参入。
いいから出かけなよと腕でサインを送っています。
お袋さま首をかしげながら)

「わかんないなあ。
 あんたはこの人と一緒になったんでしょう?
 だったら、あっちの人とはっきりさせなきゃいけないでしょう」

(?????)

「あっちの人ときちんと別れて来いって言ってンの?」

(もう、こっちもおかしくなっています)

「そうに決まってるでしょう」

(ここで女房殿ふたたびサイン。
今、出ないと親睦会に間に合いません)

「わかった。
 じゃ、話をつけてくるから」
「あたりまえでしょう。
 ちゃんとしないでそんな馬鹿な話しないでしょう」
「はい、わかりました。
 申し訳ありませんでした」
「ったく、お酒を飲みに行ってる場合じゃないでしょう」

途中で話がこんがらかって、
あっちの家にボクの女房殿がいるにもかかわらず、
こっちのひとと結婚するなんてとんでもない。
きちんと話をつけて一緒になりなさい。
ということになってしまいました。

しまいにはお袋さまに
申し訳ないと頭まで下げる結果と相成りました。

ああ、ややこしい。

 

バーチャル別れ話」への2件のフィードバック

  1. あらあら随分るすになさっていましたこと。
    ほのぼのとした風景が浮かんできます。
    はっきりさせるべきだと私も思います…あっちのかたと・・・

  2. どうもです!
    ただいま帰りました(^^;;
    あっちのほうとは切れたんですがね。
    でもねぇ、どっちも女房ですから(^^;;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です