おらほの新聞

他県の地方紙に目を通す機会はあまりない。
もちろん、この県の地方紙が他県の方の目に触れる機会も
そう多いものでは無いだろう。

福島県には地方紙が2紙ある。
「福島民報」、「福島民友」の2紙が互いに部数を競っている。

そのいずれも、他と同じように、ローカルの話題が満載される。
それこそ、阿武隈川で大きな鯉を釣り上げたなどというような話が写真入りで出るし、
地元の学校が全国大会出場などというと、
時によっては一面に大きな見出し入りで掲載される。
どこどこの交差点で出会い頭に衝突した、
どこどこに空き巣が入ったという小さな事件が載り、
何々町内会で納涼盆踊り、
なんとか教室でフラダンスの発表会があるというようなお知らせまで、地方色一色だ。

なかでも訃報欄は細かい。
大抵の葬儀は掲載されているので、
仕事を通じてなど交際範囲の広い人は、
地方紙朝刊の訃報欄チェックはかかせない。

全体に、おおらかでのんびりとしていて、
それでも、ここに住むものには欠かせない情報が紙面を彩っている。

しかし、それも震災前までだ。
震災後、津波、原発、放射能、汚染、除染、風評、被災、避難、飯館、浪江などの単語が、紙面のあちらこちらに登場し、いままでのおおらかな雰囲気が吹き飛んだ。

行方不明者、身元不明者のお名前が一面だけで足らないこともあった。
片隅には、定時測定放射線の場所別一覧が載り、
訃報欄には数人まとめての葬儀案内を見ることがよくあった。
おそらく、家族で被災し亡くなられた方々だ。

他県の方に、フクシマの新聞に目を通してほしい。
それぞれの町の地方紙と見比べてほしい。

フクシマがどれだけ厳しい環境に置かれているか、
地元住民がどれだけ放射能に関する情報を欲しがっているか知ってほしい。

フクシマの新聞に目を通してください。
「口が重く我慢強い」われわれがどういう状況に置かれているか、
きっと紙面から見えてくるはずだ。

旅行や出張で他県に出かける折には、
ぜひ、民報、民友をおみやげに。 

2 thoughts on “おらほの新聞

  1. おらほの新聞は毎朝来るんですよ~~~~ん
    最近来てませんけど・・・・・
    ふくちゃんどこがさ行ってんの???

  2. C葉さま
    どごさも行ってねっつ〜〜〜〜の(^^
    昨日は東京でしたが。
    まだまだ暑いですね。
    一日中スーツを着ていると汗びっしょり。
    かなりスリムになれます。
    前日飲み過ぎた時には最適かもしれませんよ、C葉さんwww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください