今、成すべきこと

Semi 昨夜、吹雪の吹き募るなか、Kei-Ro委員会主催のセミナー「最善の将来に向けて、今成すべきこと」が、講師にわが所属団体の郡山地区会員K田K輔さんをお招きして街なかの例の場所で開催されました。
この不景気にもかかわらず盛況でございました。
Kei-Ro委員の皆さんの真面目だこと。私の知る限り、昨夜集まったメンバーはわが団体のもっともまじめな人たちでありました。もちろん私もその中の一人になるわけでございますがw

K田さんは用意されたホワイボードの上に模造紙を貼り付け、参加者一人一人に質問をふりながらそこに書き込んでいきます。
書かれたそれぞれの言葉からものの考え方を参加者に見出させ、あらためて今度は、ご自分の用意した図や文字を書き込んだ模造紙を貼りだし、整理をしていきます。
プロジェクターを使用するよりも新鮮でわかりやすく思いました。

教えていただいたことをいくつか列挙します。
間違っていたらごめんなさい。

・不景気情報にマインド・コントロールされないこと。
・自社にとって最重要なこと、大事なことは何なのだと考えること。
・自分にとって最重要なことは何なのだと時間を取って考えること。
・対症療法ばかりとると副作用がでる。
  ex. 疲労がたまる→コーヒーを飲む→副作用:眠れない
     本当は睡眠をとるのが根本療法なのですが・・・。
・学校のテストはやさしい問題からやりなさいと教えられたが、
 経営は難しいほう(根本問題)にとりかかりない。
 ただしこれは時間がかかる。対症療法と根本療法のバランスを。
・茶碗(関係浮力)より毬(絶対浮力)ですよ。

へへ、これだけじゃ何の事かわからないでしょう。
教えません。
K田さんに直接聞いて下さい。

さてと、今晩もお勉強だぞ。
なんと今夜の例会は150名も集まるんだって。スゴイ!
今夜は、志ネットワークの上甲さんのお話です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください