大人の玩具

ちょっとした大人の玩具(といってもそっちのほうの玩具ではないのですが)を手に入れてもう2週間ぐらい経過しました。
だいたいが家の戸棚の上、しごく雑然とした中に放ってあることが多いのですが、寝床に持って行って、あるいは出張の新幹線車中で遊んだりしています。

黒くて四角くて小さなお弁当箱のような形で、ちょうど蓋に当たる部分がピカピカ。ピアノの黒い色です。他の部分は手触りがゴムのように滑りにくく、知っている方は知っているでしょうが昔のthinkpadの匡体と同じ手触り感がします。
一言で言うと(私の価値観で言えば)なんとまあ好いたらしい!おもちゃであります。

一昨日の日帰り出張時、新幹線の車中では行きも帰りも膝の上にちんまり乗せておりました。膝の上に乗せてそのピアノの黒い色した蓋をそっと開けると、中にはなんにも見当たりませんが、あけた蓋の裏側には正方形を少し横長にしたような液晶の画面が隠れています。
で、その何もない方の左側面を指でなぞると、押し込みスイッチのようなものがひとつ。それをそっと押しこんでみるとパカッという小さな音がして、左側が浮き上がります。
浮き上がったその隙間に指先を入れて、本を開くように右側へめくると、なんと!白いキーボードがスルッとばかりに現れるのです。キーボードの横幅は弁当箱から左右に3センチずつも飛び出したでしょうか、全体が一昔前のワープロのごとき姿に変貌するのです。まさにマジック。驚きです。この驚きが2万円もせずに手に入るのです。頬すりすりしたくなります。
キーボードの右上に電源と書いたキーがあります。それをそっと押しこむと、なんとなんと画面は即座に立ち上がりました。
このおもちゃで、昨日の記事を書きあげたのです。
このポメラ、しばらくは出張のお伴として長い付き合いになりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください