血圧計

どこんちにもありますよね、血圧計って。

もちろんわが家にもあるんですが、少しいいものが欲しくって家電店に行ってきたんですよ。
いやあ、あるわあるわ、いろんな種類のが高いのから安いのまで沢山。
目移りして困ります。

いえ、結局買わずに帰ってきたんですが(^^;;
自宅にあるのになんで新しい血圧計かっていうと、話はひと月ほど前にさかのぼります。

ある有名な方の講演会に参加したんです。
沢山の刺激を受けたのが原因でしょうか、講演会が終盤に差し掛かる頃、後頭部に奇妙な違和感が。正確に言えば後頭部内部に。
実は講演会終了後に講師の方を囲む懇親会への出席を予定していたのですが、どうにもその違和感が気味が悪くて、そのまんま帰宅いたしました。

帰るなり、血圧計を引っ張り出して計ってみると、なんとなんと165の100。

いくらなんでもこんなに高いのは経験がありません。
家人に布団を敷いてもらい氷枕をあてがってもらってそのまま横になりました。
しばし落ち着いてから再度計ってもさして変わらず、まあその晩は様子見をいたしまして、翌日近所の医者に行ってきました。
お医者様いわく、

「どうしました?」

先生、頭の中にメロンが入ってるみたいな感じなんです。

お医者様いわく、

「160ぐらいじゃあ血管も破けませんから。
気になるようでしたら、
弱い降圧剤を出しますからそれを飲んでください」

根が素直ですから、はあそうですかと。

医者に診てもらうというのは心理的に楽になるようで、それとも血圧の高さに体が慣れてしまったのか、あまり気にならなくなりました。

でもってそれから数日後。
またもやメロン頭状態になってしまいました、それも前回より具合が悪い。
再びお医者様へ出かけました。

お医者様いわく、

「どうしました」

先生、またもやメロンです。

お医者様いわく、

「はあ、高いですねえ。
このあいだのクスリ飲んでました?」

(ん?気になるようなら飲めって言わなかった?)

先生、あんまり気にならなかったので飲まなかったです。

お医者様いわく、

「あ、そうですか。
このあいだのクスリは初心者用でして、
急に飲んで今度は下がりすぎるとね。
下がるほうが怖いですから。
今回は普通の出しますから」

(だから、飲んでないのに)

まあたいした検査をするまでも無くお薬をいただいて帰りました。

それからですねえ、血圧を気にするようになったのは。

で思ったんですよ。
今時ですから、血圧計もスマホとかPCとか連動するやつあるんじゃねえのと。

あるんですねえ。
そういうのが沢山あるんです。
wifiとかbluetoothでつながるやつが。

ブブブ~ッ、ピッピッピッピーと完了すると、データはスマホやPCに飛んでるという優れもの。

新しいモノ好きなので、そういうのを求めに行ったわけですが、考え直しました。
来年のゴルフコンペの商品にしようと。
そして、自分でもらっちゃおうと。
そういうことに決定したのであります。

う~ん、いい考え。
そいで血圧どうしたって?
ありがとうございます。ご心配いただいて。
おかげさまで上のほうは130近辺で落ち着いているようです。
歳相応でしょうかね。
高かったのは、ストレスや疲労があったのが原因らしいです。
あ、あんまり血圧を気にしなくなったっていうことか(^^;;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です