女房の冒険

女房が東京へ連れて行けとうるさい。
出張の時に一緒に行きたいのだという。
東京ドームでのキルト・フェスに行きたいのだが、一人で行く自信が無い。おまけに日本橋の三越でアンティーク・キルト展があるのでそこにも立寄りたい。日本橋から東京ドームまでどうやって行けばいい、帰りはどうすればいいとうるさい。
東京駅からひと歩きすれば日本橋なんてすぐだし、ドームまではタクシーを拾ってもさほどではないと、相手にしないでいた。
そしたらお袋様が介入してきて、困ってるんだから連れて行ってやったらいいでしょうと、黄門様みたいなことをいうので、昨日は女房と一緒に上京。
東京駅から丸の内線で大手町、大手町から半蔵門線でボクは九段下へ、女房は反対方向の三越前へ分かれる。さすがに心配で、きちんと乗れたか売店の後ろから覗いていた。
帰りは待ち合わせて一緒に。間違えないで来た、東京なんてちょろい、買い物も一杯したと、小さな冒険を終えて女房は少々興奮気味だった。

墓参り

昨日は父の命日。
前日の日曜に女房とお袋と連れ立って墓参を済ませた。
いつもの冬だと、小高い山の中腹にある墓地はとっぷりと雪に埋もれているが、今年はまるでそれがない。おまけにとても良い天気で風もほとんど無い日だったので、墓前に参った後は、そこでしばらく一休み。遠く南に市内が一望できて気持ちが良かった。
あれから3年。ボクにとってはあっという間の3年だが、その3年でお袋の背はすっかり丸まり足腰も随分弱った。近頃はとみに物忘れも激しくなったようだ。同じ3年でも違うものだと、横顔を眺めて思った。
その後、墓地近くの縁戚の家に立寄り、白菜の漬物とイカ人参で茶を飲んだ。
3時を回って帰宅の途についたが、思い立ってお好み焼きを食いに。前から人づてに聞いていた「広島焼かっちゃん」に立寄る。おいしかった。

堪忍して

某団体の会合が連日続く。
正午集合、500円の弁当を食べて打ち合わせ。
18時30分集合、2時間ほどの会合を済ませて2次会へ流れる。
先週一杯はこのパターン。
いい加減くたびれる。
まさしく合間に仕事をしている状態。
こんなのでよいはずが無い。
何とかしなくてはと思いつつも、与えられた役職がそうはさせてくれない。
困ったことにこの役職、来年はもう一つ重いのを引き受けざるを得なくなった。
「長」なんてものは本職のを一つ持ってりゃ沢山なのに。
この根性無し。

幻の納豆そば

RSSリーダーという便利なものが有るので(ちなみに私はヘッドライン・リーダーというソフトを使っていますが)40から50のブログサイトを登録し、時間の有る時に新着のヘッドラインに目を通し、面白そうなものはさらに記事を読む。
さて、例によってリーダーを開き更新すると、山口屋的文化MEN類学、9月5日付記事「幻の納豆そば復活ならず」。うまいなぁ、こういうヘッドラインは、読者心理をくすぐる。記事を読みたくなるではないか。
・・・・
うーむ、食いたい。 (メニューには載せないと宣言されると、余計食いたい。いつ行こうか。)

Mさん告別式

昨日、Mさんの告別式に参列した。
長身で肌浅黒く、声の大きい明るい人だった。
5月に会社創立10周年の記念パーティーを開催、大勢の人がお呼ばれした。
10年にしては盛大すぎる会をいぶかる人もいたが、多くは、おそらく最後の晴れ舞台であり感謝の集いであり後継者をよろしく頼むという集まりであることをうすうす感じていた。
昨年の7月に入院。すい臓にガンが発見され闘病生活に入った。
その後入退院を繰り返しながらも、催しごとには出来る限り顔を出し、会社の仕事にも励まれた。
最後の入院、亡くなる当日の朝もいつものように元気な声で会社へモーニング・コールがあったそうだ。数時間後の電話で、M社長の旅立ちを知った社員の驚きは、察して余りある。
Mさん、享年59歳。平成18年4月19日16時15分没。

合掌